男のための情報集 ル・オム

男性のための役立つ情報を提供します。

育毛を成功させる

育毛、薄毛の悩みと対処法

2016/07/09

育毛、薄毛に対する関心は若い人でも高いようです。

特に、最近は若はげに対する悩みを持つ人も多いみたいですね。
若はげだけでなく、育毛、薄毛等、髪の毛全般に関する一つの方策として、最近は植毛に対する関心も高まっています。植毛に関する広告もよく見られます。

植毛とは、髪の毛がまったく無い部分や薄毛で気になる部分の頭皮に手術によって直接毛(または髪の毛の組織)を植えつける医療行為のこと。

薄毛だけでなく、まったくのはげでも、かつらをつけるより、自然な形で頭髪を再現できるので、注目されているのです。

育毛、薄毛の場合、いくつか対策がありますが、はげとなると、なかなか対策がありませんからね。

植毛の方法には、大きく分け、自毛を移植する「自毛植毛法」と人工毛を頭皮に植えつける「人工毛植毛法」があります。

人工毛はカツラや増毛でも利用されているものですが、特に植毛の場合は直接体内に入るので心臓のペースメーカーや人工血管など外科手術で使用されている素材を使った人工毛を使用します。

育毛、薄毛への対策でも、かなり本格的なものといえます。
薄毛、育毛への対策として身近な養毛剤の使用と違い、効果はすぐに現れるのがメリットでしょう。
半面、医療行為なので、育毛、薄毛の対策と言っても、手軽に出来るものではありませんし、費用もかかります。

完全なはげの場合は、全てカバーできるものでもありません。育毛、薄毛への、どちらかと言えば最終的な手段と考えたほうがよいでしょう。

 

育毛、薄毛に関しては、男性、女性、年代に関わらず、結構関心がある人が多いものです。様々な育毛剤などがありますし、かつらも、テレビや雑誌でよく広告を見かけます。
でも、育毛、薄毛への対策としては、まず、日常での心がけが第一です。

育毛、薄毛に対する心がけとしては、髪の毛を清潔にすることが大事ですが、髪の毛を洗うのには、薬用シャンプーを使うことです。

低価格のシャンプーだと、ラウレル硫酸が含まれていることが多く、これは、髪の毛を痛めてしまいます。薬用シャンプーだと、髪の毛を痛めず、清潔を保つことが出来ます。

また、出来るだけ夜の11時より前に シャンプーしたほうがいいのです。

1日のうちで夜の11時から深夜2時にかけては、頭皮の新陳代謝が1番活発になる時間帯なのです。
これも大事な育毛、薄毛への心がけとして、喫煙も、出来ればやめたがよいでしょう。

喫煙は、血行を悪くし、これが、頭皮の結構も悪くしてしまい、抜け毛につながります。
パーマ、ブリーチも、若いうちはいいですが、これも髪の毛を痛めるので、年配の方はやめた方がいいでしょう。育毛、薄毛に対しては、ヘアースタイルよりも、髪の毛の豊かさが大事ですからね。

要は、育毛、薄毛の対策としては、髪の毛の健康を心がけることなのです。

このため、入浴の後などは、頭皮のマッサージを心がけるとよいでしょう。こうした形で髪の毛に刺激を与えるのはよいことです。いわば、髪の毛の体操です。

-育毛を成功させる