男のための情報集 ル・オム

男性のための役立つ情報を提供します。

お金を稼ぐ

アフィリエイトで稼ぐにはコツがある、知らないと損する初心者にもおすすめの方法

2016/12/27

アフィリエイトという言葉を知ってやってみたけど稼げなかった、、という人は多いと思います。
ブログを使った方法は誰でも手軽に始められるので、スタートするハードルは低いですが、結局はサイトに集客をしないと稼ぎには繋がりません。

そうなんです、ネットの世界は海のように広いので、その中で人を集めて報酬を得るにはコツが必要です。
今成功している人でも、このコツをつかむまでは失敗を繰り返しています。

 


私もかれこれ5年以上アフィリエイトをしていて、トータルでは1000万円以上稼いでいますが、色んな手法を試しては失敗を繰り返して上達してきています。
始めの数年はほとんど売上はありませんでした。

私はトライアンドエラーを重ねるのは嫌いでなかったので続けられましたが、多くの方はこのコツをつかむ前に、アフィリエイトは稼げない、幻想だったんだ、誰かがだまそうとして嘘を言っているんだ、と思ってしまうでしょう。

これからは会社勤めでも給料が上がらない時代ですので、ぜひ副業もあきらめずに続けてもらいたい、ということで、私のおすすめの方法をご紹介します。

初心者の方にもおすすめなのは、正攻法のサイトアフィリSEO集客のパターンです。
超王道です。
この方法がなぜいいかというと、グーグルのコンテンツ評価技術の精度があがって、新規サイトでも内容がよければ上位表示できる時代になったからです。

一昔前は自作の被リンクサイトも用意して、IP分散サーバも用意して、ととにかくやることが多かったのですが、今はメインサイト一つを育てる方法で十分になりました。

アフィリエイトで稼ぐためのポイント

①収益用サイトの設計と構築
②集客方法を学ぶ
③サイト運営、分析のチェックポイントを知る

では、1番から説明します。

①収益用サイトの設計と構築

①-1 アフィリエイトするジャンルを決める
まず、サイトでどんなものを紹介するか、を決めます。
これによって得られる成果が決まるといってもいいくらい重要です。

選び方のコツをご紹介します。

・市場の大きなものを選ぶ
市場規模のおおきなジャンルを狙うのが鉄則です。
ニッチ市場を狙おう、という人がいますが、ニッチ市場というのは、需要が小さいからこそのニッチですので、そこでは稼げません。

市場の大きなジャンル(月数百万円~1000万円稼げます。)
脱毛エステ
看護師転職
探偵
婚活
葉酸
青汁
転職
車・バイク査定
不動産査定
FX
債務整理
自動車保険
育毛剤

これらはネットとの相性が良く、成果が出やすいです。

※市場が大きそうに見えるが実はそうでもないジャンルがある
かつて私が取り組んだ中に、「美白」系のジャンルがあります。
化粧品のジャンルなので大きな市場があると思っていたのですが、実際にやってみると、それほど大きくありませんでした。
その理由を考えてみたのですが、化粧品はみんなドラッグストアで買ってしまうんですね。
そのため、ネットでは思ったほど売れないんです。

このように、リアルの人の購入環境との相性もあるので、多角的な視点が必要です。

・物販系よりもサービス系を選ぶ
化粧品やサプリなど、物販もアフィリエイトの商品はたくさんあります。
これらは商品数も多く目立つのでつい選びがちですが、実はあまりおすすめではありません。
物販は市場のトレンドが変わるのが早く、商品を頻繁に差替えないと売り上げが維持できなくなります。
そのためサイト管理の手間が取られて効率がとても悪くなります。

それに比べてサービス系は提供している会社数が少なく、紹介する案件も限られるので、集客ができればサイトのメンテナンスの手間は少なくて済みます。
この違いを理解して選ぶのがコツです。

・低単価のものは避けて高単価のものにする
値段の高いものは売れにくいから安いものを紹介しよう、という人がいますが、これはおすすめできません。
というのも、安いから売れるだろう、というのが違うからです。

これは、これまでの私の経験からのコツで、売値980円のサンプル案件と3000円の商品を並べたときに、980円の方がどんどん売れると思ったのですが、実際にはそれほどでもありませんでした。
ネットの場合、安いからといって、高いものの2倍売れるとは限りません。
安いほうが2割ほど多い程度です。
ですので、値段が高くても欲しい、と思うような商品を選びましょう。

①-2 サイト作成について
まず、アフィリエイトサイトについてです。
アフィリエイトをするためにはサイトが必要になります。
無料ブログでも商用可能なものでできますが、あまりおすすめはしません。

自分のサーバーとドメインを用意してきちんとしたサイトを作りましょう。
この時点でハードルが高いと感じるかもしれませんが、心配はいりません。

ここでのコツは、ワードプレスを使う事と、優秀なテンプレートを使う事です。
この2つで始めの段階をほとんどクリアできます。

昔はこれがなかったので、1ページ作るのに2,3時間かかっていました。
今ではおおよそ30分でサイトの下準備ができます。

ワードプレスというのは、簡単に言うと自分用のブログシステムです。
これをサーバにインストールすれば無料ブログのような使い勝手のいい管理画面が使えて、文章を投稿すればサイトに反映してくれます。
これは無料でダウンロードして使えますし、今はサーバ会社の管理画面からボタン一つで自動インストールができます。
この辺がどんどん進化しているので、初心者の方も始めやすくなっています。

そして、このワードプレスに対応したテンプレート(テーマ)があり、デザインもこれをアップロードすればできあがりです。

サーバは、「エックスサーバー」や「さくらサーバー」を選べば間違いないです。
(ワードプレスの自動インストール機能がついています。)

テンプレート選びは一番重要で、SEO(検索エンジン対策)に強いものでないと、集客をすることができなくなります。
「賢威」というSEOのプロが監修したものがありますので、これを購入しましょう。

②集客方法を学ぶ

ネット集客には様々な方法があります。
代表的なのは、SEO、リスティング広告(PPC)、ソーシャル広告です。

初心者にも簡単なのは今はSEOです。
SEOというのは、簡単に言うと、グーグル検索の上位表示のことです。
例えば、「脱毛エステ」と検索した時に1ページ目に入るサイトを狙うものです。
この順位はグーグルが独自の判断基準で決めています。
昔は被リンクといって、順位を上げたいサイトに対して他のサイトからリンクを送るという手法で上がっていましたが、これが過熱しすぎて、お金がある人が上位を取ってしまうようになったため、今はリンクで上がる割合が下がっています。

反対に、ページの中身を読み取る技術が進化し、検索されたワードに対してより有益な回答をしているサイトが上がるようになっています。

そのため、誰にでもチャンスが出てきている状態です。

他には、ソーシャル集客もおすすめです。
こちらは、ツールを使用すると自動化できたりします。
例えば、
SMAC
ですが、こちらはフェイスブックとツイッターで自動的に集客してくれます。
ソーシャルからのアクセスもSEOの評価に入っているため、サイトができたときに加速装置として使用するのがコツです。

③サイト運営、分析のチェックポイントを知る

サイトはできてからが始まりです。
育てていくという意識が必要です。
そのために、サイトを改善していくコツをご紹介します。

③-1 サーチコンソールに登録
サーチコンソール(旧ウェブマスターツール)というのは、グーグルがサイト運営者向けに提供している無料のサービスです。
今はサーチコンソールという名前になっています。

まずここにサイトを登録し、クロールの中の「Fetch as Google」というところでインデックス促進を行います。
これをすると、グーグルのクローラーというサイト情報収集ロボットがサイトにやってきてくれて、あなたのサイトをグーグルに登録してくれます。
データの処理に数日かかる場合もありますが、だいたい翌日には登録されます。

③-2 SEOチェキで順位を確認
グーグルに登録された後、サイトの評価がされます。
そして順位が付きますので、それをSEOチェキで確認します。

ここで、1週間たっても圏外の時はページの改善が必要です。
まずはタイトルを見直します。

順位が40位~60位くらいでついたら、中身を充実させます。
リンクを付けると上がりやすくはなりますが、コンテンツだけでも1ページ目を狙えるワードは多いです。

③-3 サーチコンソールで流入検索ワードをチェック
1ヶ月ほどしたら、サーチコンソールの「検索アナリティクス」を確認します。
ここでは、サイトに流入したユーザーの検索ワードがわかります。
これを参考に、テコ入れするワード、捨てるワードを決めます。
表示回数を見ると検索ボリュームがわかるので参考になります。

 

参考:A8ネット

-お金を稼ぐ