男のための情報集 ル・オム

男性のための役立つ情報を提供します。

転職

初めての転職でスカウトされる履歴書・経歴書の書き方

2016/07/09

初めての転職について紹介したいと思います。
これから初めての転職をする人にとっては一生を決める大切なことなのでかなり心配になっている人は多いのではないでしょうか。

初めての転職ではまず何からアクションを起こせばいいのかわからない人も多いかもしれませんが、まずはスケジュールを考えてみませんか?

だいたい転職活動にかかる期間は平均して3か月ほどだといわれています。
しかしこの期間をしっかりと立てなければだらだらと続いてしまって結局転職しそびれることもありますからしっかりとまずは計画を立てることが大切です。

仕事をしながら転職活動も同時に行うのですからそれはなかなか大変なことです。
退職をしてから活動をすれば時間的には楽ですがこれはあまりよくありません。
ですから転職をしようと考えたときには計画を自分の中でしっかりと立ててみるといいかもしれませんね。

それから初めてする人は会社をどのように選べばいいのか悩んでしまっている人もいるかもしれません。
転職サイトなどを見ていると色々な求人がありすぎて迷ってしまいます。
自分に合う転職サイトがあるのかどうかもわからないこともありますよね。

会社選びは、まずは自分の直感に頼ってみませんか?自分の直感に頼って自分にあっているなと思ったところにエントリーしてみるというのがいいかもしれませんね。

転職のときには本命にしている企業の内定がはっきりと決まるまでは、他の会社の返事を待ってもらうというのは難しいですからエントリーをするときには、たくさんの会社にエントリーをまとめてするといいかもしれませんね。

それから初めての場合では履歴書や職務経歴書の書き方もわからない人もいるかもしれませんね。就職活動との違いは職務経歴書を書かなくてはいけないことですが、この書き方を知らない人の方が多いと思います。

転職を考えている人は履歴書の書き方、職務経歴書の書き方についてもしっかりと理解しておいた方がいいでしょう。

そして転職といえば退職もついてくるわけですが退職は飛ぶ鳥跡を濁さず精神が大切です。
とにかく、今までお世話になってきた会社ですからしっかりと引き継ぎをして同僚や上司たちとも円満に退職できるようにするのがビジネスマンとしての常識ではないでしょうか。なかなか円満退職は難しいと思いますが心がけが大切なことだと思います。

スカウトされるという方法もありますが、スカウトは誰でもスカウトされることではありません。
転職の際にスカウトされる人は共通して何か特徴があるはずですよね。そのポイントを押さえておけばスカウトされる人材になることができると思います。

転職の際にスカウトされる履歴書や職務経歴書の書き方を紹介したいと思います。
まず職務経歴書がありますが、企業の採用担当者から見ると、20代はまだ就業の段階で、30代の前半にはチームリーダーを任されて、35歳以降はプロジェクトリーダーをやっているくらいの人材がいいようです。
そんな人がスカウトされやすい人材なのだそうです。
ではどうすれば履歴書や職務経歴書を見てスカウトがされるのでしょうか。
書く場合には今までに具体的にどんな仕事や職務に就いていたのか、どんなプロジェクトに参加していたのかということもきちんと書くのがポイントです。

小さなグループのリーダーだったとしてもリーダーをやったことがある場合にはリーダーの経験があることを記載しておくことがスカウトにつながりと思います。

そして専門的な分野やスキルを持っている場合にはそれはアピールするポイントになるので具体的に書く方がいいと思います。もしも英語力を持っている人は英語力を持っていることもアピールポイントの一つになりますから書くといいですね。

もしも経歴書に書けるような実務経験が少ない人の場合にはどうすればいいと思いますか?

実務経験が少なければ不利になるかもしれないと思っている人も多いかもしれませんが、そうとは限りません
企業からしてみればやる気があれば実務経験が少なかったとしてもスカウトにつながることがあります。

スカウトをされたいのなら実務経験が少なかったとしても履歴書や職務経歴書にはプラス思考のことをたくさん書いたり、前向きな姿勢をたくさん書くなどしておくといいのではないでしょうか。
実務経験が少なくてもやる気があることが履歴書や職務経歴書から伝わってくればスカウトにつながります。
履歴書や職務経歴書は書き方を少し変えてみるだけでスカウトにすぐにつながることもあります。
自分ではなかなか上手に書けない人は転職支援会社のアドバイザーに相談するなどしてスカウトされる履歴書を書くようにすると有利かもしれませんね。

-転職